記事詳細

「オッパイ」丸山議員だけじゃない! 政界“酒乱”列伝! 全裸で他人宅のインターホン… いくら飲んでも飲まれない“酒豪”も (1/2ページ)

 北方領土を戦争で取り返す是非に言及し、日本維新の会を除名された丸山穂高衆院議員(大阪19区)は、酒に酔った勢いで暴言を連発して、大騒動となった。永田町では、これまでも閣僚辞任に追い込まれたり、警察沙汰になるなど、酒で失敗した御仁が多々いる。やはり、「酒は飲んでも飲まれるな」である。

 「2カ月間の休養が必要」

 丸山氏は24日、衆院議院運営委員会理事会にこんな診断書を提出した。理事会は同日、丸山氏から一連の騒動について事情聴取しようとしていたが、丸山氏の欠席で見送られた。

 以前から、丸山氏の酒癖の悪さは知られていた。2015年末には酒に酔って口論相手の一般人にかみつき、警察沙汰になった。当時、禁酒宣言をしたが、反省が足りなかったようだ。

 政界では他にも、大トラ伝説が語り継がれている。

 09年、中川昭一財務相兼金融担当相(自民党)は、先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)後の記者会見で、酩酊(めいてい)状態のまま対応し、辞任に追い込まれた。

 15年には、民主党の後藤祐一衆院議員が飲酒後、議員宿舎への帰り際でタクシー運転手とトラブルになった。宿舎の門扉に登り、警察官も出動する騒動を起こした。

 宮腰光寛沖縄・北方担当相(自民党)は昨年10月、週刊文春で「全裸で衆院議員宿舎内の他人宅のインターホンを押した」という記事が出た。これも酒の結果だった。

関連ニュース