記事詳細

鈴木さん“聖地”復元プロジェクト! 和歌山県「鈴木屋敷」に地元の有志ら支援要請 (1/2ページ)

 全国的に多い鈴木姓のルーツをさかのぼると、和歌山県海南市の国史跡「鈴木屋敷」にたどり着くと言われる。屋敷で暮らした鈴木一族は77年前に途絶え、建物はシロアリや台風などの被害で老朽化が目立つ。鈴木さんの「聖地」の復元に向け、市や地元の有志らが立ち上がり、全国の鈴木さんに支援を要請。プロジェクトXならぬ“プロジェクト鈴木”で盛り上がっている。

 有志らでつくる「鈴木屋敷復元の会」や市によると、鈴木一族は平安時代末期の1150年ごろ、熊野地方から移り住んだ豪族で、藤白神社(海南市)の境内に屋敷を構えた。当時、藤白神社には熊野参詣道の玄関口「一の鳥居」があり、一族は都から来る皇族らの案内役に従事。熊野信仰の布教や源平合戦への出陣などで各地に広がった。

 一族が絶えた後に屋敷の所有者となった神社は、参拝者に鈴木姓の歴史をガイドしたり、鈴木さんに御利益のある「鈴木家お守り」を用意したりと「発祥の地」としてPRしてきた。

 家族3人で神社を訪れた横浜市の会社員、鈴木道弘さん(60)は「平凡な名字と思っていたから、和歌山と関わりがあって、そんな歴史を持つとは驚きだ」と話す。

関連ニュース