記事詳細

【長谷川幸洋「ニュースの核心」】“八方塞り”中国&北朝鮮に対応迫る日米首脳会談 (1/2ページ)

 ドナルド・トランプ米大統領夫妻が25日から28日まで、国賓として日本を訪問する。元号が「令和」に変わってから、初めて天皇陛下に会見する外国の元首夫妻になる。

 トランプ氏は滞在中、安倍晋三首相と会談し、米中貿易戦争や朝鮮半島情勢などについて意見交換する予定だ。今回の来日をどうみるか。

 日本にとっては、米国との強固な同盟関係を世界にアピールする最高の機会になる。安倍首相は先月末、米国を訪れて、トランプ氏と会談したばかりだ。大統領は6月末に大阪で開かれるG20(主要20カ国・地域)首脳会議でも来日し、安倍首相と会談する。

 月に1回のペースでトランプ氏と会談する形になる。世界を見渡しても、これほど強い米国との絆はない。

 まして東アジアでは、文在寅(ムン・ジェイン)政権の韓国が、北朝鮮に接近して「米国離れ」の気配を示しているから、なおさらだ。「日米vs中朝+韓」の構図が強まるなか、これから韓国をどう扱うかは安倍・トランプ会談の焦点の1つになる。

 そんな韓国はもちろん、中国と北朝鮮も日米会談の行方には気が気でないだろう。

 中国は貿易問題で米国と激しく対立している。トランプ政権の制裁強化に対し、中国はすぐさま報復に出たが、どう見ても中国に勝ち目はない。そもそも、中国の米国からの輸入量が米国の輸入量に比べて4分の1程度しかないのに加えて、米国からみれば、多くの中国製品は他国製品で代替可能であるからだ。

関連ニュース