記事詳細

中国への脱北女性「性奴隷」実態告発! 性被害受ける9歳少女をネット中継… (1/2ページ)

 北朝鮮から中国に脱出した女性が、売春を強要されたり、強制結婚させられたりしていることを告発する、英国の人権団体の「性奴隷報告書」が公表された。12歳の少女がレイプ被害に遭い、9歳の少女が性被害の様子をネット中継させられるなど、許しがたいケースもあった。何と、同胞である韓国人を対象に売春をさせられる女性もいたという。

 「私は、12歳と14歳の姉妹の存在を忘れることはできないでしょう。彼女たちは中国で、詐欺師にレイプされたと聞きました」

 ある北朝鮮女性は、中国で見た性被害の実態を、こう証言していた。

 衝撃の報告書は、英国を拠点に北朝鮮の人権問題などに取り組む非営利団体「コリア・フューチャー・イニシアチブ」が作成した。40人以上もの性暴力の被害者らや、被害者の支援団体など関係者の証言を2年ほどかけてまとめた。

 報告書によると、中国に脱出した北朝鮮女性の推定6割が性取引の対象となっていた。このうち、約5割が売春に従事させられ、約3割は強制結婚、15%が性被害の様子をネットで中継する「サイバーセックス」の被害に遭っているという。

 被害者は、北朝鮮から人身売買など、脱北した中国から誘拐によって連れ出されたという。12~29歳が中心だが、サイバーセックスには9歳の被害者がいたとされる。

関連ニュース