記事詳細

【高須克弥 Yes!高須のこれはNo!だぜ】子供の名前…ユニークでも読み方が分からないのは不便だよね (1/2ページ)

 ちょっと前の話になるけど、親に「王子様(おうじさま)」と名付けられていた高校生が、「肇(はじめ)」に改名したとニュースになっていたね。肇というのも難しい漢字だけど、いわゆる「キラキラネーム」といわれるようなユニークな名前はイヤだったんだろう。そういえば、かつて子供に「悪魔」と名付けようとして拒否されたという人もいたね。

 個人的には、分かりやすくてちゃんとした意味があるのなら、ユニークな名前でもいいと思う。難しい漢字ばかりだったり、何と読むのか分からない名前の方が不便だよ。

 ボクら高須家は江戸時代から続く医師の家系で、昔は代々「小左衛門(こざえもん)」という名前を継ぐようになっていた。ボクの曾祖父も小左衛門だったけど、祖父と父親は養子だったから継がなかった。

 ボクも小さい頃は、「お前もいずれ小左衛門を継ぐんだよ」といわれていた。「大左衛門」とか「巨大左衛門」の方がいいのにと思ったんだけど、「小」の字にはこれから成長して大きくなっていくという意味があるんだよと教えられた。

 名前というのも時代によって流行があるよね。ボクの祖母は「いま」という名前だったんだけど、よく外で「いま子」と名乗っていた。「子」というのはお姫さまたちが改名したときに使った字だから、立派な家に見られると考えていたようだ。

関連ニュース