記事詳細

止らぬ反日…韓国、竹島を「海上ドローン」で無断調査計画 日本は抗議「事前の同意ない」

 韓国が、不法占拠を続ける島根県・竹島周辺の日本領海で、「海上ドローン」と呼ばれる無人観測装置による海洋調査を計画していることが分かった。韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権は、2月の日韓外相会談や「竹島の日」の前後にも調査船を日本領海に無断侵入させており、「反日」姿勢がより鮮明になった。

 外務省によると、韓国の政府機関「国立海洋調査院」が3月、公式サイト上で調査計画を公表し、入札者の募集をかけた。遠隔操作で海面上を航行する自律型海洋観測装置を投入し、海底地形をモニタリングし、天候や潮流などのデータを収集する計画だという。

 日本政府は外交ルートを通じ、「わが国との事前の同意がない」として韓国側に抗議した。

関連ニュース