記事詳細

名物そば店「みろく庵」閉店で…藤井七段“勝負めし”どうなる? 棋士のリクエストで定番メニュー誕生も (1/2ページ)

 将棋の最年少プロ、藤井聡太七段(16)ら多くの棋士の胃袋を支えた「勝負めし」の聖地が今月末に閉店し、36年間の歴史に幕を下ろす。東京・千駄ケ谷の将棋会館近くにあるそば店「みろく庵」で、棋士のリクエストで定番メニューが誕生するなど関係者に愛された。閉店にショックを隠しきれない棋士もおり、将棋界を揺るがす一大事となっている。

 「将棋界を対局時の出前いわゆる勝負ごはんで支えて下さったみろく庵様閉店の報に寂しい思いでおります」

 「ひふみん」こと加藤一二三・九段(79)はツイッターで、こうつぶやいた。

 アマチュアから編入試験を経てプロ棋士となった瀬川晶司六段(49)も「閉店のことを知り、ガックリ。対局時の出前無くなるのは痛すぎるなあ」とツイッターにつづった。

 みろく庵の名は2017年、藤井七段の快進撃で全国区となった。同年6月に新記録の29連勝を達成した際、昼食に同店の「豚キムチうどん」を頼んだのだ。若きスター棋士の「勝負めし」として一躍注目を集めた。

 1982年開店のみろく庵を経営するのは、檜垣善啓(よしひろ)さん(74)、ゑり子さん(68)夫妻。店の近くに別のそば店があったため、「他店の出前先を荒らすのは失礼だ」(ゑり子さん)として、開店当初は将棋会館への出前は断っていた。

 その後、日本将棋連盟側から定食メニューの出前の要請があり、始めることに。会館御用達の出前店の一つとなった。

関連ニュース