記事詳細

大阪ダブル選、共産はやはり自民支援 維新vs他党の構図固まる (1/2ページ)

 大阪府知事・市長のダブル選(4月7日投開票)が盛り上がってきた。18日の合同討論会では、立候補を予定している4人が「大阪都構想」などをめぐって激論を交わした。一方、共産党が、政策や理念が違い、国政で激突する自民党の擁立候補を自主支援することが決まった。

 合同討論会は、産経、朝日、毎日の3新聞社が大阪市内で実施した。

 知事選に立候補を表明した、大阪維新の会政調会長の吉村洋文・大阪市長(43)と、自民、公明府本部などが推薦する元府副知事、小西禎一(ただかず)氏(64)。市長選に立候補表明した維新代表の松井一郎府知事(55)と、自民、公明府本部推薦の元大阪市議、柳本顕(あきら)氏(45)が出席した。

 吉村氏は「大阪府と大阪市が同じような権限を持ち、二重行政を重ねてきたため、『府市(ふし)あわせ』と呼ばれてきた」とし、解消するのが都構想だと強調した。

関連ニュース