記事詳細

エチオピア墜落同型機、欧州域内の運航停止 EU航空安全庁

 欧州連合(EU)の欧州航空安全庁(EASA)は12日、エチオピアで墜落事故を起こした機体と同型のボーイング737MAX8と、737MAX9について、同日夜から全便の運航と欧州域内上空への乗り入れを一時停止する措置を取ったと発表した。乗客の安全確保が必要と判断した。欧州域外の航空会社も当面、対象機による欧州乗り入れができなくなる。

 EASAはエチオピアでの事故を独自に分析しているが、原因特定には時期尚早とした。(共同)