記事詳細

「未来志向で親日の清算を」「日本とは協力強化」文大統領が演説、三・一独立運動記念式典

 【ソウル=名村隆寛】1919年に日本の朝鮮半島統治に抵抗して起きた「三・一独立運動」の100周年に当たる1日、韓国ソウルで記念式典が行われた。

 ソウル中心部の光化門(クァンファムン)広場で開かれた式典では、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が約1万人の市民を前に演説。文氏は「歴史の立て直しこそが重要であり、(日本の統治に協力した)親日の残滓(ざんし)清算が課題だ。親日については反省し、独立運動は礼を尽くされるべきだという価値を正しく確立することが親日清算だ」と指摘。一方、「隣国との外交で葛藤の要因を作ろうというのではない。親日清算も外交も未来志向的であらねばならない」とも訴えた。

 また、文氏は「朝鮮半島の平和のために日本との協力を強化する」と述べた。「力を合わせ(日本の朝鮮半島統治時代の)被害者らの苦痛を実質的に癒やしたときこそ、韓国と日本は心の通じる真の友人になる」とし、慰安婦問題などでの日本の協力を暗に訴えた。

 式典では三・一運動の象徴的な女性の独立運動家で、当時、運動後に獄死した柳寛順(ユ・グァンスン)に文氏から「建国勲章大韓民国章」が授与された。また、独立運動家の子孫や、元慰安婦の女性、いわゆる徴用工だったと主張する人々も参加。国民の代表として行進した。

 ソウルをはじめとした韓国全土で、この日、さまざまな記念行事が行われた。この後、独立運動当時を再現し、全国で韓国国旗を振り、「万歳!」を連呼しての行進が行われた。

 独立運動記念日に合わせ、韓国政府は受刑者ら計4378人を特別赦免した。一方、南東部の釜山の日本総領事館付近では、記念日に合わせ、市民団体などが午後に集会を行う。いわゆる徴用工の像を総領事館前に設置することを予告しており、現場は緊張していた。(産経新聞)

関連ニュース