記事詳細

トランプ氏、非核化「急いでいない」 合意文書発表へ 米朝首脳会談

 ドナルド・トランプ米大統領と、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は28日、ベトナムの首都ハノイで2日目の首脳会談を開催した。午後に合意文書に署名する予定だ。

 正恩氏は会談冒頭、「最終的に立派な結果が出るよう最善の努力をする」と表明した。

 トランプ氏は非核化交渉について、「急いでいない。正しい取引をしたい」と強調した。

 寧辺(ニョンビョン)の核施設などの査察、廃棄や朝鮮戦争(1950~53年)の終戦が盛り込まれるかが焦点だ。

 トランプ氏が非核化を急がない考えを改めて示したことで、合意文書は核兵器そのものの廃棄手順など具体的な扱いには踏み込まない公算が大きくなった。

 北朝鮮は段階的な非核化に応じて制裁を解除するよう要求しており、米側が譲歩するかどうかも注目される。

 米朝両首脳は会談後、閣僚を交えた拡大会合に移った。トランプ氏は会合後に記者会見を予定している。(共同)

関連ニュース