記事詳細

米朝首脳が8カ月ぶり再会談 トランプ氏「経済支援に日本も協力」 (1/2ページ)

 【ハノイ=黒瀬悦成、桜井紀雄】トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は27日夜(日本時間同)、ベトナムの首都ハノイで2度目の米朝首脳会談を開始した。28日まで2日間にわたる直接対話で、昨年6月にシンガポールで行われた史上初の米朝首脳会談で確認された「最終的かつ全面的に検証された非核化」に向け、北朝鮮にどこまで具体的措置の実行を確約させられるかが最大の焦点となる。

 米朝首脳は夕食会場である高級ホテル「ソフィテル・レジェンド・メトロポール・ハノイ」に相次ぎ到着。午後6時半(日本時間午後8時半)ごろ、約8カ月ぶりに顔を合わせた2人は約10分程度のあいさつを経て、通訳を交えて1対1で短時間会談した。

 トランプ氏は会談の冒頭、記者団を前に「金正恩氏と会うことができて光栄だ」と述べ、「(昨年6月のシンガポールでの)最初の会談は成功だった」と指摘。今回の会談も成功するだろうとの見通しを示し、「非核化を後退させることはない」と強調した。

 また、「北朝鮮にはとてつもない経済的潜在力がある」と語り、非核化と引き換えに北朝鮮の経済開発支援を行っていく立場を改めて打ち出した。

 金正恩氏も、今回の会談までには「いつにも増して多くの悩みと努力、忍耐を必要とした」と述べる一方、「全ての人が喜ぶ立派な結果を出せると確信し、立派な結果を出すために最善を尽くす」と強調した。

 トランプ氏は27日の会談前、ツイッターで「ベトナムは地球上でも指折りの発展している国だ。北朝鮮も非核化すれば、たちまちベトナムのようになれるだろう」と指摘。「金正恩氏にとっては歴史上、類をみない大きな機会だ」とも書き込み、金正恩氏に非核化措置の実行を促していた。

 書き込みでは非核化を引き換えとする経済支援では日本や中国、ロシア、韓国に協力を要請する考えも明らかにした。