記事詳細

“豹変”トランプ大統領に安倍首相も警戒! 北非核化への“融和発言”で日本は核の脅威に直面? 識者「日本側から米国に意見表明を」 (1/3ページ)

 安倍晋三首相は20日夜、ドナルド・トランプ米大統領と電話首脳会談を行った。来週27、28日、ベトナムの首都ハノイで行われる米朝首脳会談に向け、安倍首相は日本人拉致被害者の早期帰国実現への協力を要請した。トランプ氏も応じた。だが、もう一つの焦点である「核・ミサイル」問題について、トランプ氏は最近、北朝鮮に融和的言動を続けている。「北朝鮮の完全な非核化」を達成できなければ、日本の安全保障上の危機は継続する。識者からは、トランプ政権にモノ申す姿勢が必要との意見も出ている。

 「核・ミサイル問題、拉致問題の解決に向けて、日米のあらゆるレベルで一層緊密に連携していくことで一致した」「特に拉致問題は、トランプ氏と、より時間をかけてしっかりと話をした」

 安倍首相は約30分間行われた電話会談後、記者団にこう語った。

 拉致問題について、安倍首相は「トランプ氏も私の話に耳を傾けてくれ、私がいかに拉致問題を重視しているかが『自分もよく理解できた。だから、自分も拉致問題を重視する』と明確に述べてもらい、前回同様、協力を約束してくれた」と、会談の様子を明かした。

 日本の悲願である拉致被害者奪還へ、米国から力強いサポートを得たようだ。しかし、日本の安全保障にとって極めて重要な「北朝鮮の完全な非核化」の実現に向けては、疑問が残る。

 電話会談終了後、トランプ氏はホワイトハウスで、記者団に「今回が最後の(米朝首脳)会談にはならないだろう」と述べたのだ。

関連ニュース