記事詳細

師弟同時昇格と順位戦連勝 藤井七段、W快挙に挑戦

 将棋の最年少プロ、藤井聡太七段(16)が5日、ダブルの快挙に挑んだ。同日の名人戦順位戦C級1組で、52年ぶりの順位戦連勝記録更新と、師匠の杉本昌隆七段(50)とのB級2組への師弟同時昇格がかかっているのだ。そろって勝てば、中原誠16世名人(71)が1967年に作った連勝記録を破るとともに、32年ぶりの師弟同時昇格を果たす。

 対局は5日午前10時、大阪市の関西将棋会館で開始。藤井七段は近藤誠也五段(22)と、杉本七段は船江恒平六段(31)と対戦した。

 藤井七段は前期から順位戦に参加し、C級2組で10戦全勝の成績を挙げて同1組に昇級した。今期もここまで負けがなく、順位戦では18連勝中を続けている。

 師弟が同時に昇格するケースは、1986年度に、故大内延介(のぶゆき)九段と塚田泰明九段(54)の師弟がB級1組に昇級した例があるだけだ。

 39人が所属するC級2組で昇級できるのは2人だけ。記録のかかる大一番は5日夜に終局を迎える見通しとなっている。