記事詳細

美人音大生がハマる「ダンナ作業」と呼ばれるキケンな遊び (1/2ページ)

 北朝鮮の首都・平壌では現在、若い女性たちが「ダンナ作業」--つまりは金持ち男性のスポンサー探しに精を出しているという。

 ◆金正恩氏の「噂」

 脱北者で韓国紙・東亜日報の記者であるチュ・ソンハ氏の近著『平壌資本主義百科全書』によれば、平壌の高級レストランでは髪を金色に染め、ミニスカートにブランド物で着飾った若い女性が「ダンナ作業」を行っている姿が頻繁に見られるという。同著で証言している平壌の富裕層の男性によれば、彼女らの大部分は音大生や歌手の候補生だ。

 この経歴を見て、金正恩党委員長の妻である李雪主(リ・ソルチュ)夫人を思い浮かべる人も少なくないのではないか。

 (参考記事:金正恩氏「美貌の妻」の「元カレ写真」で殺された北朝鮮の芸術家たち

 といっても、李雪主氏が「ダンナ作業」を行っていたという意味ではない。北朝鮮で名門の音大生や歌手の候補生といえば、美女の代名詞であるという程度のことである。

 この男性はまた、次のように語っている。

 「(富裕層など)最高位層を監視する保安員(警察官)たちはこの女性たちを見て『日本人かな、シンガポール人かな』と首をかしげる。捕まえたりしません。(中略)いっしょに遊んだ女の子が気に入って、夜明けに海を見せてあげると言って(東海岸の)元山まで走ったこともありました。すっかり酔っぱらって。平壌から車で2時間も行けば元山です。帰ってきたら、女の子にブランド物を買ってあげたりして」

デイリーNKジャパン

関連ニュース