記事詳細

【新・カジノ情報局】「大型IR」建設ラッシュ続くマカオ カジノ売り上げはラスベガスの7倍! (1/2ページ)

★マカオから学べ 片山真

 時間とお金の節約にもなるマカオへの新ルート。前回お伝えした「港珠澳大橋(こうじゅおうおおはし)」を路線バスで利用するときの注意点をあげる。ロスタイムが積み重なると結果として、これまでのターボジェット利用と変わらなくなってしまうからだ。

 (1)「B4」バス乗り場の方向

 到着ロビーの出口A/Bどちらから出ても、とにかく向かって右方向を目指す。惑わされてはいけないのが「往内地/澳門交通」の表示。一見、マカオへの路線バスと錯覚するサインだが、これは広東を経由する旧来からの大回りルート。こちらへ行ってはダメ。

 (2)小銭の用意

 香港出国ゲートに向かう「B4」バスの料金は6香港ドル。おつりは出ないので、小銭を用意しておきたい。

 (3)券売機はカード×

 大橋を渡るシャトルバスの自動券売機はオクトパスカード(香港版SUICA)しか受け付けない。現金、カードの場合は対面販売ブースへ。

 (4)マカオ入国に出入国カードは不要

 2013年7月からシステムが変わり、パスポートのみの提示でOKに。カードへの記入が必要なのは、香港入出国のときだけだ。

関連ニュース