記事詳細

【zak女の雄叫び】《zak女の雄叫び お題は「春」》渋谷に集まる人たち (1/2ページ)

 めまぐるしく人が行き交う東京・渋谷。「渋谷109」などのファッションビルが林立する渋谷は、日本を代表する若者の街。増改築が進み、駅の移設や商業ビルの建設を経て、2027年頃まで再開発が進む予定だ。

 昨年12月31日から今年1月1日にかけての、カウントダウンイベントを取材した。新年のお祝いをするため、渋谷のスクランブル交差点に集まったのは一晩で約12万人。日本人はもちろん、欧米系、アジア系、中東系など国籍を問わない外国人の多さが目立つ。

 スクランブル交差点といえば、外国人観光客に人気のスポット。交差点を歩くと、スマホで動画や写真を撮る外国人を見たことをある人も多いだろう。渋谷区観光協会によると、今年から始めた渋谷ツアーの中では、スクランブル交差点を見下ろせる展望ビルが、お気に入りの場所ランキングで1位なのだそう。

 大みそかの午後10時半に歩行者天国が始まると、5本の横断歩道が架かる交差点はすぐに人で埋め尽くされた。それから30分ほどで中心部は身動きできないほどに。横断歩道のしま模様はもちろん見えない。イベント主催者が配った紙製の赤いハットを、皆が被っていく。私は少し高いトラックの上からその様子を撮影していたので、まるで赤い海のように見えた。