記事詳細

また「手抜きマンション」で死亡事故、壁崩壊で下敷きに (1/3ページ)

 北朝鮮の首都・平壌の中心部のマンション建設現場で事故が起き、2人が死亡した。

 現地のデイリーNK内部情報筋によると、事故が起きたのは昨年末のことだ。平壌市平川(ピョンチョン)区域で行われているマンションの建設現場で、朝鮮人民軍(北朝鮮軍)の建設部隊、8総局所属の兵士らが地下で工事に当たっていたときに急に壁が崩れ、下敷きになった兵士2人が死亡した。マンションの建物はすでに完成し、内装工事が行われていた最中で起きた事故だった。

 (参考記事:金正恩氏、日本を超えるタワーマンション建設…でもトイレ最悪で死者続出

 今回の事故を受けて、現場の指揮官が6ヶ月の降格処分、他の責任者は労働鍛錬刑(軽犯罪者を収容する刑務所での短期間の懲役刑)となったが、「その程度で済んだ」ことで関係者は胸をなでおろしているだろう。

 この地域では2014年5月、完成したばかりの23階建ての高層マンションが崩壊し、住民や工事関係者など最高で500人が犠牲になる大惨事が起きている。東京新聞によると、建設を担当した7総局の局長が解任の上で政治犯収容所に送られ、設計と施行を担当した技術者4人が銃殺刑に処せられている。

 (参考記事:「手足が散乱」の修羅場で金正恩氏が驚きの行動…北朝鮮「マンション崩壊」事故

デイリーNKジャパン

関連ニュース