記事詳細

【突破する日本】到底受け入れられぬ韓国の“偏向”史観 「日本統治時代は不法」と復讐 (1/2ページ)

★(2)

 韓国では11日にもソウル高裁が、戦時労働者(いわゆる徴用工)が日立造船を相手取った控訴審で損害賠償を命ずる判決を出した。最高裁でも同様の判決が予想される。

 韓国最高裁はすでに昨年、新日鉄住金、三菱重工を相手取った訴訟で損害賠償を命ずる判決を確定させている。今月18、23、30日には不二越を相手取った控訴審判決が予定されている。

 韓国政府は273社を「戦犯企業」としてリストアップし、70社が訴えられている。

 これまで日本の財界は、日韓の歴史認識をめぐる問題では「人ごと視」してきた。慰安婦、竹島、靖国神社、歴史教科書の問題では、日本側に譲歩を求めてきた。が、今回は違う。当事者中の当事者なのだ。譲歩は不要で有害でもある。1社もビタ一文払ってはならない。

 一連の判決の背景には、日本統治時代への「狂気の懲罰」の感情がある。それは北朝鮮にも共有されている。

 新日鉄住金への賠償を命じた最高裁判決が出された後の昨年11月、北朝鮮から訪韓中の李種革(リ・ジョンヒョク)朝鮮アジア太平洋平和委員会副委員長は「日本当局は、過去、朝鮮人民に対し犯した日帝(日本帝国主義)の罪を絶対に許すまいという、北と南の決然たる意志を直視すべきだ」とあいさつした。

 準備された原稿を無視した内容だった。「罪を絶対に許すまい」との民族を挙げた感情は今後、強くなることはあっても弱まることはない。

関連ニュース