記事詳細

都心で初雪 神奈川県で8センチ

 前線を伴う低気圧が通過する影響で関東南部や山梨県を中心に12日午後から13日明け方にかけて雪や雨が降る見通しだ。関東の沿岸部でも雪が積もる恐れがあるとして、気象庁は12日、交通障害や路面凍結に注意するよう呼び掛けた。

 東京管区気象台によると、12日午前には東京都心部では初雪を観測。平年より9日遅く、昨冬より12日遅いという。

 気象庁によると、13日にかけて前線を伴った低気圧が日本の南を東に進むほか、伊豆諸島付近に別の低気圧が発生するとみられている。予想より降水量が多くなり、気温が低くなった場合には、関東の沿岸部でも積雪の可能性があるという。

 13日午前6時までの24時間の予想降雪量は多い所で神奈川県西部の山地8センチ、甲信5センチ、多摩地方や秩父地方3センチ、関東北部の山沿い3センチ、関東の平野部1センチ。