記事詳細

金正恩氏が4度目訪中 習主席が招請

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が8日、専用列車で北京に到着した。外交筋が確認した。正恩氏訪中は昨年から通算4度目。朝鮮中央通信によると、中国の習近平国家主席が招請し、10日までの予定。正恩氏は7日に平壌(ピョンヤン)を出発した。米朝首脳再会談をにらみ、非核化交渉の進め方を説明するとみられる。8日は正恩氏の誕生日でもあり、中朝の緊密な連携を誇示した形だ。

 朝鮮中央通信によると、訪中には李雪主(リ・ソルジュ)夫人のほか、対米交渉を率いてきた金英哲(キム・ヨンチョル)党副委員長、党で外交を統括する李洙ヨン(リ・スヨン)党副委員長、経済を担当する朴泰成(パク・テソン)党副委員長、李容浩(リ・ヨンホ)外相、努光鉄(ロ・グァンチョル)人民武力相らが同行している。

 中国国営通信の新華社も8日、共産党中央対外連絡部の報道官の話として訪中を伝えた。外国要人を迎える釣魚台迎賓館周辺では同日、警備が強化され、正恩氏を乗せたとみられる車列が迎賓館に入った。(共同)

関連ニュース