記事詳細

韓国紙、国防省の動画公開に「安倍の挑発にわが軍も反撃!」 レーダー照射問題

 【ソウル=桜井紀雄】韓国海軍の駆逐艦が海上自衛隊のP1哨戒機に火器管制レーダーを照射した問題で、韓国各紙は5日、韓国国防省が照射を否定し、哨戒機が威嚇飛行したと主張する動画を4日に公開したことを「安倍(晋三首相)の挑発にわが軍も映像で反撃」などと報じた。

 保守系最大手紙、朝鮮日報は1ページを割いて詳報。先に映像公開を指示した安倍首相は「国内支持率の低下を挽回するために韓日の確執を利用したのではないか」との見方を伝えた。

 一方で、「昔なら問題にもならなかったことで消耗戦のような論争にはまり込んでいる」との韓国元外交官の言葉を引用し、米朝の非核化交渉が滞る中、日米韓の「三角安全保障同盟」が揺らぎかねないとの懸念が持ち上がっていると指摘した。トランプ政権になってからの「米国の『仲裁外交』不在が韓日関係悪化に決定的影響を及ぼした」との分析も紹介した。

 中央日報(電子版)は、日本側の動画が注目され、国際的「世論戦」で優位になる兆候が出た後、国防省が反論動画の制作に入ったと指摘。「初期対応が十分でなく、後手に回ったという指摘もある」と報じた。(産経新聞)

関連ニュース