記事詳細

韓国、金正恩氏の新年の辞評価 「南北、米朝の進展願う」

 韓国大統領府の金宜謙報道官は1日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が発表した新年の辞について「南北関係の発展と米朝関係の進展を願う気持ちが込められている」との談話を発表し、評価した。

 韓国統一省も「新年の辞を通じ、朝鮮半島の完全な非核化と恒久的な平和定着、南北の関係拡大、発展に向けて努力を続けるとの立場が示されたことを歓迎する」との報道官の論評を発表した。

 論評は、韓国政府としても南北関係を二度と引き戻せない段階に進めると同時に、国際社会とも緊密に協力していくと強調した。(共同)

関連ニュース