記事詳細

防衛省、レーダー照射の動画公開 哨戒機が撮影

 韓国海軍の駆逐艦が海上自衛隊のP1哨戒機に火器管制レーダーを照射したとして、防衛省は28日、哨戒機が撮影した動画を同省のホームページで公開した。レーダーを照射していないとする韓国側の主張を退け、自衛隊の対応が適切だったと周知する狙いがある。正当性をアピールするために任務中の動画を公開するのは極めて異例。韓国側の反発は必至だ。

 防衛省によると、韓国海軍の駆逐艦が20日午後3時ごろ、石川県・能登半島沖の日本海で、海自のP1哨戒機に、武器使用の前提となる火器管制レーダーを一定時間、複数回にわたり照射した。

 韓国側は、哨戒機が駆逐艦の上空へ低空飛行してきたため、レーダーに付属しているカメラを向けたが、レーダーを照射した事実はないなどと反論しており、双方の言い分が食い違っている。

 27日に日韓防衛当局が実務者協議を開催したが平行線に終わり、防衛省が公開に踏み切った。