記事詳細

動かぬ証拠…防衛省、レーダー照射時映像公表へ 韓国主張を否定

 韓国海軍の駆逐艦が海上自衛隊の哨戒機に火器管制レーダーを照射した問題で、防衛省は28日にも照射時の状況を示す映像を公表する。日韓防衛当局は27日、実務者協議をテレビ会議で開催したが、議論は平行線に終わった。日本政府には、映像を公表することでレーダーを照射していないとする韓国側の主張を否定する狙いがある。

 防衛省によると、韓国海軍の駆逐艦が20日午後3時ごろ、石川県・能登半島沖の日本海で、海自のP1哨戒機に、武器使用の前提となる火器管制レーダーを一定の時間継続し、複数回照射した。

 韓国側は、哨戒機が駆逐艦の上空へ飛行してきたため、レーダーに付属しているカメラを向けたが、レーダーを照射した事実はないなどと反論しており、双方の言い分が食い違っている。(共同)

関連ニュース