記事詳細

北朝鮮に550億円の賠償命令 拘束米大学生死亡で地裁

 北朝鮮で拘束され帰国直後に死亡した米国人大学生オットー・ワームビア氏の遺族が北朝鮮政府に賠償を求めた訴訟で、米首都ワシントンの連邦地裁は24日、「北朝鮮は拷問や人質誘拐、司法を逸脱した殺害に法的責任がある」として北朝鮮政府に5億100万ドル(約550億円)の支払いを命じた。米メディアが報じた。

 地裁の判事は、ワームビア氏が訪朝前は健康だったのに、帰国した時には失明して聴力も失い、脳死状態だったと指摘。北朝鮮を罰し、こうした行為をさせないためには巨額の賠償が必要だと強調した。

 ワームビア氏の両親は「米国に公平で開かれた司法制度があり、北朝鮮指導部が息子の死に法的、道徳的責任を負うと世界に示せたことに感謝する」との声明を発表した。両親は今年4月「金正恩政権による容赦ない拷問を受け殺害された」として、北朝鮮に10億ドルの賠償を求めて提訴した。(共同)

関連ニュース