記事詳細

中国が新たな「報復」か カナダ人事業家を聴取 ファーウェイ事件

 カナダ外務省は12日、カナダ人事業家のマイケル・スパバ氏と中国で連絡が取れなくなったことを明らかにした。中国のニュースサイトは、スパバ氏が中国の国家安全に危害を与える行為に関わった疑いがあるとして、遼寧省丹東市国家安全局が10日から調べていると伝えた。中国の通信機器大手「華為技術(ファーウェイ)」の副会長兼最高財務責任者(CFO)、孟晩舟容疑者の逮捕を受けた、新たな「報復」の可能性もある。

 スパバ氏は、北朝鮮観光事業などを手がけ、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と面会したこともある。

 カナダ司法当局が1日、米当局の要請を受け、孟容疑者を逮捕した後、中国の王毅国務委員兼外相は対抗措置を示唆していた。

 中国国家安全省は10日夜、カナダの元外交官で、現在はシンクタンクに所属するマイケル・コブリグ氏を拘束した。同省は外国人のスパイ活動などを取り締まる部門で、スパイ容疑の名目で拘束した可能性がある。

関連ニュース