記事詳細

米国、正恩氏の最側近に制裁 人権侵害、言論統制に関与 

 米財務省は10日、北朝鮮で深刻な人権侵害や言論統制に関与したとして、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の最側近とされる崔竜海(チェ・リョンヘ)党副委員長ら高官3人を米独自の制裁対象に追加指定した。北朝鮮非核化への進展が見られない中、米政府は圧力維持の姿勢を見せた。

 3人は米国内の資産が凍結される。ムニューシン財務長官は声明で「国家ぐるみの人権侵害をした機関の幹部に対する制裁だ」と強調した。

 制裁対象は崔氏のほか、朴光浩(パク・グァンホ)党副委員長や国内治安を担当する幹部。朝鮮労働党や政府の幹部として検閲や拷問を指揮するなどした。(共同)