記事詳細

ジャパンタイムズが「徴用工」「慰安婦」の英語表現変更 ケント・ギルバート氏ら歓迎メッセージ

 国内英字新聞大手「ジャパン・タイムズ」(The Japan Times)が、「慰安婦」や、いわゆる「徴用工」の英語表現を変更したことが注目されている。夕刊フジで人気コラム「ニッポンの新常識」を担当する、米カリフォルニア州弁護士のケント・ギルバート氏らは歓迎のメッセージを寄せている。

 同紙は、11月30日付の紙面に《編集部からのお知らせ》という英文を掲載した。「(ジャパンタイムズは)誤解を招く可能性がある表現を用いてきました」として、以下の変更を記している。

 まず、これまで「慰安婦」を「第2次世界大戦前と戦中に、日本軍に性行為を強要された女性たち」としていたが、「自ら望まなかった者も含み、戦時下の娼館で日本兵相手に性行為を提供していた女性たち」に変更する。

 さらに、「徴用工」について、「強制労働」という言葉を使ってきたが、今後は「戦時労働者」と表現するという。

 変更した理由について、同紙は「戦時中の慰安婦の経験が地域によって異なること」「労働環境や雇用の経緯が多様」などと説明している。

 ケント氏は以前、夕刊フジ連載で「ジャパンタイムズの“驚くべき『性奴隷』記事”」というコラムを執筆した。今回の変更について、ツイッターなどで「ジャパンタイムズの決断を応援するメッセージを送ってください」と呼びかけた。

 オーストラリアでの慰安婦像設置を阻止した民間団体「AJCN」代表の山岡鉄秀氏は「ジャパンタイムズの変更は常識的な判断なので貫いてほしい。朝日新聞にも常識的な対応をしてほしい」と語っている。

関連ニュース