記事詳細

【高須克弥 Yes!高須のこれはNo!だぜ】「ググらない」人たちが被害に… 怪しい団体から勧誘されたらスマホで検索を (1/2ページ)

 磁石が埋め込まれたネックレスやベルトなどの預託商法を展開していたジャパンライフが倒産して、大きな問題になっている。

 高齢者をターゲットにして高配当や元本保証をうたい、お金を集めようとする商法が昔から続いているよね。被害にあった方々は、言葉巧みな勧誘にのせられたケースがほとんどだろう。かなりの高額で老後の蓄えを投資した人もいるというから大変だよね。

 「マルチ商法」とか「ネズミ講」などといったことばがNGワードだと知っていても同じようなテクニックで勧誘されたら思わずのってしまうから、「もうけたい」という心理は、なかなかやっかいなものなんだ。

 でも、こういったトラブルに巻き込まれるリスクは、スマートフォンやパソコンを使うことでぐっと下げられると思うんだ。昔は勧誘してくる団体について詳しく知ることはできなかったけど、今はインターネットで簡単に調べられるからね。

 「融資の案内」だの「マンション経営の案内」だのといった迷惑電話だって簡単に調べられる。スマホに知らない番号から電話が掛かってきたら、ネットで検索してみるといいよ。同じ番号から掛かってきたという人たちの報告がたくさん出てくるよ。

関連ニュース