記事詳細

不正発覚で処刑も…北朝鮮、携帯電話の盗聴に巨額予算 (1/2ページ)

 北朝鮮の金正恩党委員長が最も忌み嫌っていることの一つが「情報の国外流出、国内流入」だ。

 情報の流れを自分の都合のいいように制御し、自国民を「無知」な状態にしておきたいのだろう。

 (参考記事:北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは…

 それがうまく行かなかった例としては、金正恩氏の実母・高ヨンヒ氏の偶像化がある。日本から「高ヨンヒが大阪生まれ」という北朝鮮にとっては誠に都合が悪い情報が北朝鮮国内に流入し、拡散したからだった。

 (参考記事:金正恩と大阪を結ぶ奇しき血脈

 最近、金正恩氏が神経をとがらせているのは、中朝国境地帯における中国キャリアの携帯電話による通話だ。北朝鮮当局はその統制のために莫大な予算を投じている。

 北朝鮮事情に精通したデイリーNK内部情報筋は、国家保衛省(秘密警察)関係者の話として、北朝鮮当局は今年5月、中国から携帯電話用盗聴器と電波妨害機を購入したが、それに1500万元(約2億5400万円)を費やしたと伝えた。

 輸入した機器は、中国との国境に面した両江道(リャンガンド)恵山(ヘサン)、平安北道(ピョンアンブクト)新義州(シニジュ)に順次設置され、今頃稼働を始めているはずだと情報筋は述べた。

 中国から様々な品物を密輸している業者や、脱北して韓国に住む家族と連絡を取る脱北者家族、その送金を手助けする送金ブローカーなどは、装備の増強に頭を抱えている。

 両江道のデイリーNK内部情報筋によると、現地に導入された新型電波盗聴器は4キロ四方の携帯通話のキャッチできるほど高性能だ。ある貿易業者は、知り合いの保衛員(秘密警察)から盗聴した通話内容を示された上で「おとなしくしておいたほうがいい」と忠告されたという。

 従来の電波探知機は、中国の携帯電話基地局の周辺で通話者の位置を特定する仕組みだった。新型の電波盗聴器は位置のみならず、通話内容まで把握できるもので、携帯電話を使用する人にとってリスクが高まる。

デイリーNKジャパン

関連ニュース