記事詳細

【永田町・霞が関インサイド】G20で米中首脳会談開催 貿易戦争「一時停戦」か「激突」か (1/2ページ)

 世界の市場関係者は今、11月30日~12月1日にアルゼンチンの首都ブエノスアイレスで開催されるG20(主要20カ国・地域)首脳会議を固唾を呑みながら見守っている。米中貿易戦争の当事者であるドナルド・トランプ大統領と、習近平国家主席のトップ会談が同地で行われるからだ。

 そして、米中貿易戦争を「一時停戦」に持ち込めるのかどうかの瀬戸際に、世界経済はいる。

 トランプ氏は、スティーブン・ムニューシン財務長官、ラリー・クドロー大統領補佐官(経済担当)、ロバート・ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表を引き連れて現地入りする。

 一方、G20首脳会議出席に先立ち、王毅国務委員兼外相を従えてスペインとポルトガルを公式訪問する習氏と、ドイツで開かれる中欧フォーラム(ハンブルク・サミット)に参加する劉鶴副首相は11月29日、ブエノスアイレスで合流する。

 習、劉両氏が事前に欧州を訪問する意図は明白だ。米中首脳会談前に、中国・欧州経済関係強化を世界に向けてアピールすることである。

 とりわけ、対米交渉の責任者である劉氏が前線を離れたのは、欧州との経済協力対話を行い、対米防波堤を構築しようということだ。ハンブルク滞在中3日間に欧州各国の経済・貿易相との会談を重ねることからも、それはうかがえる。

 いずれにしても、米中貿易戦争を「一時撃ち方止め=停戦」に持ち込めるのかは予断を許さない。

関連ニュース