記事詳細

【松井一郎 維新伝心】“民間人”橋下徹氏を「政局利用」したい人物の存在  (1/2ページ)

 大阪と日本政府、財界が一丸となって誘致を進めてきた「2025年国際博覧会(万博)」の開催地が、パリで23日に開かれるBIE(博覧会国際事務局)総会で、加盟国の投票によって決まる。

 私はこのコラムが掲載されるころ、日本経団連の榊原定征名誉会長や、関西経済連合会の松本正義会長、大阪市の吉村洋文市長ら、誘致委員会のメンバーと手分けして、パリの各国大使館を回り、「最後のお願い」をしているだろう。世耕弘成経産相も駆け付けてくれる。

 25年大阪万博の計画は「いのち輝く未来社会のデザイン」をテーマに、世界をリードする最新技術やアイデアを生かした素晴らしいものだ。誘致に成功すれば、大阪や関西だけでなく、20年東京五輪・パラリンピックが終わった後の、日本全体を活性化させる起爆剤になる。極めて高いポテンシャルを持っている。

 大阪、関西、日本の未来のためという意識を持って「オールジャパン」の体制で取り組んできた。手応えは悪くない。だが、決して油断はできない。選挙は何度も経験してきたが、最後の最後まで、気を引き締めていきたい。日本の方々も、どうか応援してほしい。

 さて、前大阪市長で日本維新の会前代表の橋下徹氏が今月上旬、自由党の小沢一郎元代表と、国民民主党の前原誠司元外相と、都内で会食したことが報じられた。私は「橋下氏を政局に利用したい人物がいるようだ。気の毒だな」と思った。

関連ニュース