記事詳細

非公表ミサイル基地13カ所を特定 日米、対北強硬化連携へ ペンス氏、安倍首相と会談 「完全な非核化実現まで制裁を維持する」

 安倍晋三首相は13日午前、マイク・ペンス米副大統領と官邸で会談し、同日午後に共同記者会見を行った。ペンス氏の来日に合わせるように、米有力シンクタンクが、北朝鮮の秘密ミサイル基地13カ所を特定したとする報告書を発表した。現在も整備中の基地もあった。北朝鮮が国際社会を裏切り、「核・ミサイル開発」を継続している証拠といえそうだ。

 「北朝鮮の完全な非核化を実現するまで制裁を維持する」「インド太平洋に権威主義と侵略の場所はない」

 ペンス氏は13日午後、安倍首相との共同記者会見で、北朝鮮と、覇権主義を強める中国に対し、こう警告した。

 これに先立つ会談で、両氏は拉致問題の早期解決や、東南アジア諸国連合(ASEAN)関連首脳会議などを見据えて、「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向け、日米が緊密に連携する方針を確認した。

 ペンス氏が日本に到着した12日、米有力シンクタンク「戦略国際問題研究所」(CSIS)は、北朝鮮が公表していない約20カ所の弾道ミサイル運用基地のうち、少なくとも13カ所を特定したとする報告書を発表した。

 報告書によると、これらの基地は平壌(ピョンヤン)から離れた山岳地帯などに分散配置されており、米本土に到達可能なICBM(大陸間弾道ミサイル)を含む、さまざまな射程のミサイルが配備されている。このうち数カ所では施設の保全や改良が行われており、韓国との軍事境界線とソウルに最も近い基地は「動きが活発で整備されている」という。

 北朝鮮が、6月の米朝首脳会談の合意精神を反故(ほご)にしたといえるが、韓国陸軍は非武装地帯(DMZ)内の監視所各11カ所の兵力や火力装備の撤収を完了し、12日から監視所施設の撤去作業を開始したという。聯合ニュースが報じた。

 安倍首相とペンス氏の会談は、北朝鮮に非核化に向けた圧力をかけるとともに、「従北・反日・反米」の隣国への“警告”といえそうだ。

関連ニュース