記事詳細

【昭和のことば】今となっては羨望の的… 「5時から男」(昭和63年)

 迷走するプレミアムフライデー、働き方改革の真っ最中であるが、なんのことはない、いま求めている「新しい働き方」は、とっくのむかしのバブル時代に、この「5時から男」がやっていた。

 潤いのない仕事中心の生活ではなく、仕事は仕事、勤務時間後の「5時から」の生活を大いに楽しもうという趣旨(皮肉?)が受け、またたく間に流行語となった。演者は「適当」のカリスマ・高田純次氏、仕掛けたのは、この昭和のことばシリーズではおなじみの、中外製薬・グロンサン内服液のCMである。

 この年の主な事件は、「六本木のディスコ『トゥーリア』店内で重量2トンの照明が落下。死者3人、負傷者14人」「ファミコン用ソフト『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』(ドラクエIII)が発売」「青函トンネル開通」「東京都文京区後楽に東京ドームが完成」「中国で起きた上海列車事故で、修学旅行中の高知学芸高校の生徒と教師27人が死亡」「江副浩正会長がリクルート事件の責任で辞任」「遊漁船『第一富士丸』と海上自衛隊の潜水艦『なだしお』が衝突、死者30人、負傷者17人」「ソウル五輪開催」「『週刊少年ジャンプ』(集英社)が発行部数500万部を突破」「竹下登改造内閣発足」など。

 この年の映画は『ラストエンペラー』『となりのトトロ』。本は吉本ばなな氏『キッチン』、村上春樹氏『ダンス・ダンス・ダンス』、村上龍氏『トパーズ』。朝シャンが流行し、ファッションではワンレンボディコンの流行が始まった。

 時間があっても金がなけりゃ5時から出動できない。いまや「5時から男」は、からかいの対象ではなく、羨望の的だ。(中丸謙一朗)

 〈昭和63(1988)年の流行歌〉「パラダイス銀河」(光GENJI)「乾杯」(長渕剛)「MUGO・ん…色っぽい」(工藤静香)

関連ニュース