記事詳細

【一服啓上 島田雅彦】紙巻きたばこと加熱式たばこ…自分流の“分煙”徹底も (1/2ページ)

★ゲスト 芸人 鳥居みゆき(下)

 島田さんがたばこをくわえると、「じゃあわたしも」と“連れたばこ”を始めた鳥居さん。彼女がたばこを吸う理由には、芸風同様、独特の世界観が存在する。

 鳥居 生きている間には無駄な行為に費やす時間も必要だと思うんです。川の上流から流れてきた水を下流ですくってまた上流から流すことをするんですけど、たばこも同じ。それが楽しいし、そういう時間がなければ生きていくことに疲れてしまうと思うんです。

 島田 一見、生産性がないようで、実は「無駄な時間」を生産していると。

 鳥居 あと、四白眼のわたしが相手の目を見て話すとすぐ逸らされてしまうので、何となく目線を泳がすためにたばこをくわえます。

 島田 気まずい空気を和らげるために。

 鳥居 本当はわたしの方こそ、人の目を見て話せる人間じゃないんです。でもそれでは失礼だと思い、じゃあ見ないで見ているようにするにはどうすればいいかと考えた時、たどり着いたのが、目を思いっきり大きく開くことだったんです。そうすれば焦点がぼやけて、目線を合わせても恥ずかしくないでしょう? それを習慣にしていると形状記憶し、三白眼が四白眼になっていました(笑)。

 島田 確かに、シャイでたばこを吸うという人は一定数いますね。私も、よく知らない人と電話で話すときは必ずたばこに手が伸びます。電話は相手の顔が見えないので余計に緊張しますからね。

関連ニュース