記事詳細

サウジ記者殺害、窒息死後に遺体切断 トルコ検察が発表

 サウジアラビア人記者のジャマル・カショギ氏が殺害された事件で、トルコの検察当局は10月31日、カショギ氏はイスタンブールのサウジ総領事館に入った直後に窒息死させられ、遺体は切断された上で処分されたと発表した。トルコの検察がカショギ氏殺害の経緯を発表するのは初めて。

 地元メディアによると、トルコの主任検事はサウジの主任検事に対し、カショギ氏を殺害した容疑者らを派遣したのは誰なのか明らかにするよう求めている。

 サウジの主任検事は31日未明、イスタンブールで情報機関の国家情報機構(MIT)の支部を訪れた。目的は不明。地元メディアは、カショギ氏が殺害された際に録音されたとみられる音声記録を、MITが保管していると伝えていた。(共同)