記事詳細

【zak女の雄叫び】《zak女の雄叫び お題は「爽」》「ターレ」の大移動を取材 築地市場の引っ越し (1/2ページ)

 83年の歴史に幕を下ろした東京・築地市場。今月6日に閉場し、5日後の豊洲市場の開場に向け大がかりな引っ越しが行われた。閉場の翌早朝、市場内の移動や運搬に多く使われる小型運搬車「ターレ」の大移動が始まった。

 私は約30年間、東京近郊に住んでいるが、実は築地市場に行ったことがなかった。このターレの大移動を取材するため、閉場翌日に初めて築地市場に入った。

 まだ暗い午前3時、築地市場の正門前に着いた。市場の外なのに、独特の生臭さが漂う。4時に市場の担当者が来て、私を含めた報道関係者をターレの撮影場所まで案内してくれた。ウニ売り場の屋上というところへ行くらしい。暗闇の中、市場の中を進んでいく。だが、歩いても歩いてもウニ売り場に着かない。最初に何かの建物に入るため階段を登ったかと思えば、次は長い廊下。また階段、倉庫のような広場に出たかと思ったら、また階段。とにかく皆、前の人に遅れないようについていくのに必死だった。

 終始、今自分がどこを歩いているかわからない状態だったが、なんだかこの迷路のような建物が素晴らしいものに見えてきた。長く続く廊下にはアーチの柱が何重にも見え、たまに目に入る看板は昭和のレトロな字体で「綜合食品」などと書かれている。市場に出入りする会社の事務所が集まる建物だったが、いかにも昭和初期な雰囲気が、古さを強調していた。

関連ニュース