記事詳細

韓国“デタラメ”観艦式発覚 「旭日旗」自粛要請のウラで自国は「抗日」将軍の旗を掲揚

 韓国のデタラメぶりが、また明らかになった。南部・済州(チェジュ)島沖で11日に行われた国際観艦式の海上パレードで、各国に自国国旗と韓国国旗のみを掲げるよう要請しながら、自国は「抗日」の象徴とされる将軍を象徴する旗を掲揚していたのだ。NHKが同日報じた。日本は自衛艦旗「旭日旗」の掲揚自粛を求められ、式への参加を「拒否」した。言行不一致の韓国の行動は到底、国際社会で受け入れられそうにない。

 NHKによると、観艦式で、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が演説した駆逐艦に、豊臣秀吉の朝鮮出兵で日本と戦った李舜臣(イ・スンシン)将軍が使ったものと同じデザインの旗が掲げられたという。同局は画像も公開した。

 自衛艦旗の掲揚は日本の国内法令で義務づけられ、国連海洋法条約も軍艦には「外部標識=軍艦旗」を掲げることを義務づけている。

 一方、韓国では「旭日旗」を「戦犯旗」と曲解する国民感情があるため、事実上旭日旗を狙い撃ちにして各国に軍艦旗掲揚の自粛を求めた。だが、観艦式に参加した数カ国は軍艦旗を掲げ、国際常識を示した。

関連ニュース