記事詳細

富士山、未知の噴火が2回起きていた? 本栖湖に2500年前の火山灰地層

 やっぱり噴火を繰り返してきたのだ。富士山で約2500年前、これまで知られていなかった噴火が相次いで2回起きていた可能性が高いことが10日、分かった。秋田大や東京大のチームが、富士山北西にある本栖湖(山梨県)で採取した地層から、未知の2回の噴火で積もった火山灰を確認し、同日発表した。

 国や関係自治体は噴火に備えたハザードマップの改定を進めており、過去の噴火の情報が反映される可能性もある。

 秋田大のスティーブン・オブラクタ准教授(古環境復元学)は「富士山の噴火は考えていたよりも多く、影響が及んだ範囲はもっと広かったかもしれない」と話す。

 最大水深約120メートルと、富士山北側の「富士五湖」のうちでは最も深い本栖湖で、湖底から過去約8000年分に相当する厚さ4メートルの地層を採取。地層のどの部分がいつ積もったかを分析した。

 その結果、約2500年前に約20年間隔で積もったとみられる火山灰の地層が2枚確認された。特徴からみて富士山のものと考えられ、この時期に2回の噴火があったのではないかという。

 富士山では781年以降、大規模な噴火が少なくとも10回程度起こったと考えられている。864~866年の「貞観噴火」では溶岩が流れ出て、青木ケ原樹海がつくられた。しかし、1707年に「宝永噴火」が起きてから約300年間噴火していない。

 気象庁によると、3500~2300年前ごろの富士山は山頂で爆発的な噴火が起きていた。オブラクタ准教授によると、富士山ではこの時期に少なくとも14回の噴火が知られているという。

関連ニュース