記事詳細

米中貿易戦争激化で「中国売り」加速か… 上海株と人民元が急落

 市場で「中国売り」が加速した。8日の上海株式市場で、総合指数の終値は連休前の9月28日と比べて3・72%安の2716・51と大幅下落した。

 外国為替市場の人民元相場は対ドルで下落し、昨年3月以来、約1年7カ月ぶりの低水準をつける場面もあった。

 米中貿易戦争が激化するなか、中国人民銀行(中央銀行)は7日、景気を下支えするため預金準備率を1・0%引き下げる金融緩和措置を発表。国慶節(建国記念日)に伴う大型連休明け最初の取引日となった8日の市場では人民元が下落しただけでなく、株まで売られてしまった。

 上海にある外国証券会社の幹部は「(緩和策が)むしろ中国当局の警戒感を裏付けたものとして、マイナスに作用した面もある」と指摘した。

 中国製のサーバーに人民解放軍がマイクロチップを埋め込んでいると報じられ、海外市場で中国のハイテク株が売られたほか、米財務省が公表予定の為替報告書で人民元について厳しい言及があるのではとの観測が市場の警戒感を強めている。

関連ニュース