記事詳細

ノーベル経済学賞に米国教授2人

 スウェーデンの王立科学アカデミーは8日、2018年のノーベル経済学賞を、ウィリアム・ノードハウス米エール大教授(77)とポール・ローマー米ニューヨーク大教授(62)に授与すると発表した。気候変動や技術革新を経済分析に組み入れた業績を評価した。

 アカデミーは両氏の業績に関して「どのように持続可能な経済成長を実現できるかという問いへの答えに、私たちをかなり近づけてくれる」と説明した。

 ノードハウス氏は気候変動と経済成長の関係を定量モデルで説明。地球温暖化をもたらす二酸化炭素(CO2)の排出量に応じて課税する炭素税の提唱者としても知られているという。「気候カジノ」や「地球温暖化の経済学」といった著書がある。

 ローマー氏は技術革新が経済成長を促すことを示す「内生的成長理論」を確立。新たなアイデアを促す規制や政策に関する研究を数多く生み出した。16~18年には世界銀行のチーフエコノミストも務めた。

 授賞式は12月10日にストックホルムで開かれ、賞金900万クローナ(約1億1200万円)を両氏で分ける。(共同)