記事詳細

韓国与党、異常な“反日”行動…またも旭日旗禁止法案提出の非常識 韓国議員「日本は永遠に二等国」 (1/2ページ)

 韓国与党が異常な「反日」行動に着手した。韓国南部の済州(チェジュ)島で10~14日に開かれる国際観艦式で、海上自衛隊の艦船が自衛艦旗「旭日旗」を掲揚することをめぐり、使用を禁じる改正法案を国会に提出したのだ。軍艦旗の掲揚は、軍艦と民間船を区別する国際ルールであり、韓国側の要求・行動は「非常識」かつ「理不尽」というしかない。

 聯合ニュースによると、法案は与党「共に民主党」の国会議員が2日に提出した。処罰の対象は「旭日旗をはじめとした帝国主義、戦争犯罪を象徴する衣類、旗、小物などの製作、流布や、公共交通機関、集会、公衆の前での掲示、着用、携帯」。違反者には懲役・禁錮2年以下か300万ウォン(約30万円)以下の罰金を課せられるという。

 この議員は同時に、旭日旗などを掲揚した船舶の領海航行を禁じる法案も提出した。韓国政界では「帝国主義の象徴、旭日旗を掲げ日本が韓国領海に入ってくるのは厚かましい」「日本が永遠に二等国家にとどまるしかない理由」(共に民主党)などと、看過できない批判が続いている。

関連ニュース