記事詳細

安倍首相「自由貿易の旗手」へ決意 国連・討論演説

 安倍晋三首相は25日夜(日本時間26日午前)、米ニューヨークで国連総会の一般討論演説に臨んだ。「自由貿易の旗手」として世界の経済システム強化を主導する決意を表明した。日本人拉致問題の解決に全力を挙げる考えも強調。「北朝鮮との相互不信の殻を破り、新たなスタートを切る」と述べ、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長に直接会談を呼び掛けた。

 保護主義の色彩を強める米国に対しては、日本は「何よりも米国との貿易協議を重んじている」と語り、日米で「ウィンウィンの関係を続けていきたい」と訴えた。(共同)