記事詳細

石破派の起用は? 安倍首相3選、注目の内閣改造 進次郎氏「農水相」小渕氏「総務相」ダブル入閣情報 “冷遇”されるのは… (1/3ページ)

 自民党は20日午後、総裁選の投開票を行い、安倍晋三首相(63)が国会議員票329票、地方票224票、計553票を獲得し、新総裁に選出された。安倍首相は「憲法改正」などの重要課題を見据え、10月1日に内閣改造・党役員人事を断行し、秋の臨時国会は新体制で臨む方針を固めた。注目は、麻生太郎副総理兼財務相や、二階俊博自民党幹事長らの去就に加え、「将来の首相候補」に挙げられる小泉進次郎筆頭副幹事長と、小渕優子元経産相のダブル入閣情報だ。石破茂元幹事長(61)は254票を獲得し、一定の存在感を示した。石破氏や石破派議員が要職に起用されるかが焦点となりそうだ。 

 「再び自民党総裁の重責を担うことになった。全身全霊を傾けて、平和で安定した日本をつくっていく。そして、いよいよ憲法改正に取り組んでいきたい。戦いは終わった。すべては国民のために、一致協力して新しい国をつくっていこう」

 安倍首相は20日午後2時15分過ぎ、東京・永田町の自民党本部での総裁選で「連続3選」を果たした後、所属国会議員らにこう訴えた。

 注目の選挙は、国会議員票405票と地方票405票の計810票で争われた。安倍首相は国会議員票の約82%、地方票の約55%、全体の約68%を獲得して、勝利した。

 任期は、2021年9月までの3年間。通算の首相在職日数は19年11月に歴代トップの桂太郎に並び、最長政権を視野に入れる。

 当面の主要課題は、憲法改正のほか、北朝鮮の非核化や、日本人拉致被害者の奪還、日米貿易協議、ロシアとの平和条約締結などだ。来年は皇位継承があり、統一地方選や参院選、大阪でのG20サミット(20カ国・地域首脳会議)も控える。

 こうした課題に取り組むため、安倍首相は10月1日に内閣改造・自民党役員人事を行う方針。

関連ニュース