記事詳細

「炎熱地獄」に少女搾取も…北朝鮮の子供たち「悲惨な夏休み」 (1/2ページ)

 北朝鮮が建国70周年(9月9日)に合わせ、お得意のマスゲームを準備している。マスゲームは、2013年を最後に行われなくなっていたが、今年から再開にすることとなった。

 マスゲームは北朝鮮にとって、重要な観光商品だ。中国・北京にある北朝鮮専門旅行会社の最大手と言われるコリョツアーは、マスゲームツアー専用ページを立ち上げ、売り込みに乗り出している。

 3泊4日で800ユーロ(約10万5000円)の比較的安いツアーから、マスゲームや平壌市内観光に加え、高原地帯にありリゾート地として有望と言われている赴戦湖(プジョンホ)など、国内の観光地を22日かけて回るメガツアー(4000ユーロ、約52万6000円)に至るまで、様々なツアーが用意されている。同社は、建国記念日とあって「軍事パレードも見られるかもしれない」と売り込んでいる。

 (参考記事:【北朝鮮旅行記】女性税関職員のお尻を中国男がさわって大騒ぎ

 高い料金を取るだけあって、準備に取り組む北朝鮮当局の気合はハンパではない。問題は、幼い児童・学生らが、そのしわ寄せを受けているということだ。

 平壌のデイリーNK内部情報筋が伝えたところによると、「今回のマスゲームには平壌市内、特に中心部にある小・中・高校の生徒のほとんどが動員されている。そのほかに様々な工場で働く若者たち、地方の学生らも動員されている」という。

デイリーNKジャパン

関連ニュース