記事詳細

北朝鮮の刑務所で「消える死体」…金正恩氏「恩赦」の裏で何が (1/2ページ)

 北朝鮮の最高人民会議常任委員会は7月12日、建国70周年に際して8月1日から大赦(恩赦)を実施することに関する政令を発した。

 北朝鮮が大赦を行うのは、日本からの解放と朝鮮労働党の創建から70年となった2015年以来、3年ぶりだ。デイリーNK内部情報筋は7月19日、管理所(政治犯収容所)を除くすべての教化所(刑務所)に収監されている受刑者に対して一律3年の減刑を行うという大赦の内容を伝えたが、これに対する北朝鮮国民の期待は非常に大きかった。

 たとえばある受刑者の妻は、デイリーNKに対し次のように語っている。

 「今までの7年間、夫を生き延びさせるために食べ物を持って教化所に面会に行ったりしてありとあらゆる苦労をしてきた。あと3年をどうやって耐え抜こうかを悩んでいたところだった。今回のこと(大赦)は夢にも思わなかった」

 しかし少なくない人々が、この期待を極めて残酷な形で裏切られ、悲嘆に暮れる結果となっている。

 韓国のリバティ・コリア・ポスト(LKP)によれば、受刑者の帰りを待ちわびていた家族のもとに、本人ではなく「死亡通知書」が送りつけられる例が多いのだという。しかも、遺体は家族のもとに戻って来ず、死亡原因についての説明もないままだとのことだ。

 (参考記事:「事故死した98人の遺体をセメント漬け」北朝鮮軍の中で起きていること

デイリーNKジャパン

関連ニュース