記事詳細

【長谷川幸洋「ニュースの核心」】「オール沖縄」実現が勝敗の鍵 日本の針路示す沖縄知事選 (1/2ページ)

 翁長雄志氏の死去に伴う沖縄県知事選(9月13日告示、同30日投開票)は、保守系の前・同県宜野湾市長の佐喜真淳(さきま・あつし)氏と自由党幹事長の玉城デニー衆院議員(沖縄3区)の戦いになる。

 まず、翁長氏には心からご冥福をお祈りしたい。翁長氏は沖縄の基地をめぐって、長い間、政府と戦ってきた。

 私は同氏の政治的立場と意見を異にするが、翁長氏は極端な左派から保守派の一部まで取り込んで反対派をまとめてきた。これまで、さぞ大変なご苦労があったことだろう、と推察する。

 よく知られているように、翁長氏は2014年まで自民党に所属し、那覇市議や沖縄県議、さらには自民党県連幹事長も務めてきた。県議時代には、県議会で「私たちがなにゆえに県内移設を早急にやらなきゃならぬかという見地に立ったのは、県全体の立場に立っての危険性の軽減である」と語っている。

 かつては、米軍普天間飛行場の辺野古移転を推進する旗振り役だったのだ。それが一転して、反対に立場を変えた理由はともかく、翁長氏がもともと基地移転推進の立場だったことは、保守派を含めて幅広い勢力を結集するのに大きな力になったのは間違いない。

 それが「オール沖縄」という言葉に示されている。左派だけが基地移転に反対しているのではなく「保守勢力にも基地反対派がいるのだ」という証左になった。だからこそ、翁長氏は「反対派の象徴」になった。

 私は今回の県知事選でも、そんな「オール沖縄」が掛け声だけでなく、中身でも本当に実現するかどうかが勝敗の鍵を握る、とみる。

関連ニュース