記事詳細

拉致、非核化で結束新た トランプ氏が電話会談で安倍首相に約束「日本に協力する」 

 安倍晋三首相は22日夜、ドナルド・トランプ米大統領と電話会談を行った。会談では、北朝鮮による拉致問題や非核化が議題となった。北朝鮮が拉致問題を「解決済み」と主張し、非核化に向けた具体的行動を取っていないなか、日米が結束して拉致被害者奪還と北朝鮮の非核化を実現する方針を確認した。

 「歴史的な米朝首脳会談から2カ月が経過した。最新の情勢分析を行い、今後の北朝鮮に対する方針について綿密な打ち合わせを行った」

 約40分間の会談終了後、安倍首相は公邸前で記者団に語った。

 電話会談は米側の要請で行われた。拉致問題に関する日本政府の取り組みを説明し、協力を求めた安倍首相に対し、トランプ氏は「日本の考え方に沿って協力していく」と応じた。

 非核化についても、核を含む全ての大量破壊兵器と弾道ミサイルの「完全かつ検証可能で不可逆的な廃棄(CVID)」に向け、国連安全保障理事会決議の完全履行を求めることでも一致した。

 北朝鮮は最近、国営メディアで、拉致問題について「解決済み」と主張し、日本に「過去の清算」を要求。米国には朝鮮戦争の「終戦宣言」に応じるよう求めているが、日米は電話会談を通じて、北朝鮮に対し、拉致問題と非核化に誠実に取り組むよう突きつけた形だ。