記事詳細

文科省汚職を“無視”する立憲、国民野党 屋山太郎氏「露骨なダブルスタンダードだ」 (1/2ページ)

 文科省の局長級幹部らが逮捕・起訴された汚職事件で、野党とメディアの姿勢に疑問・批判の声が上がっている。立憲民主党や国民民主党は、所属議員をめぐり、事件関係者との交際や疑惑が取り沙汰されているのに、公式に説明していないのだ。左派メディアの徹底した“無関心”も、「モリカケ」問題でのキャンペーン報道とは、あまりにも対照的だ。

 東京地検特捜部は15日、JAXA(宇宙航空研究開発機構)の業務をめぐる収賄罪で、文科省前国際統括官の川端和明容疑者(57)を起訴した。また、川端被告への贈賄罪で、「霞が関ブローカー」と呼ばれる医療コンサルタント会社の元役員、谷口浩司容疑者(47)を追起訴した。

 谷口被告は、事業を有利に進めるため、文科省をはじめ、中央省庁の幹部に銀座の高級クラブや風俗店などで接待を繰り返していた。

 その際、谷口被告に信用力を与えたのが、国民民主党の羽田雄一郎参院議員が容認した「政策顧問」の肩書だ。同党は、2人の関係や不透明な交際について、だんまりを続けている。

 さらに注目すべきは、立憲民主党の衆院議員に関する情報だ。

 共同通信は13日、この衆院議員が、東京医科大の前理事長=別事件の贈賄罪で在宅起訴=から、2016年11月の創立100周年記念式典への「宇宙飛行士の招待」を相談され、谷口被告を介してJAXA理事だった川端被告に話が持ち込まれ、派遣が実現したと報じた。

関連ニュース